2010年4月アーカイブ

アフレコ情報

皆さんこんにちわ!

Pのビューティホー・崎です。

 

今回は先行でおこなった「伝勇伝」第1話のアフレコについて書いちゃいます。

毎度どの作品も第1話は関係者が多く集まるのですが、今回の人数はなんと約50人!

(その内キャストは17人でした)

長年この仕事をしておりますが、ここまで人が集まった現場は初めてです。

それだけこの作品が注目されているということでしょうか。

スタッフ一同、ふんどしをねじる・・・締め直す想いです。

 

その際、たくさんの方に差し入れを頂きましたので記念に一枚だんご.jpg

まさに団子パーティーだこりゃ(笑)

 

そして、川崎監督を隠し撮りした写真が、これだ!

(ワン、ツー、スリー)

監督.jpg

おかしい・・・意図的にカメラを避けられている気がする・・・・・・

 

続いて、シリーズ構成吉村さんを隠し撮りした写真が、これだぁ!!

(ワン、ツー、スリー)

構成.jpg

カメラを避けられつつポーズを決められている気がするのが悔しい・・・・・・

 

まあこんな感じでアフレコ現場は和気藹々と終了しました。

キャスト写真も掲載しようとしたのだが、梅巻子に「流出ですっ!」と怒られたので

次回公開します。

 

 

そういえば先日、梅巻子が「チラシが無くなった~~~」と騒いでおりました。

どうやら先週4月24日(土)から全国のアニメイトでもらえる伝勇伝の会報チラシ第1号。

アニメイト池袋店が開店3時間で無くなったというのですよ・・・

凄い! なんか嬉しい!! 愛を感じる!?

てか、もっと刷っとけよ梅巻子!!!!!!!!

 

とりあえず会報チラシ第1号の表紙はこちらです。

チラシ.jpg

他のアニメイトで見かけた人は、周りの人に教えてあげてください。

 

ではまた次回!

「月刊伝勇伝」配布開始!!

こんにちわ、梅巻子です。
なんと昨日はアニメ伝勇伝初めての
鏡先生の取材が行われましたーーーー!

約2時間をかけての取材。

アニメの中身に関しての突っ込んだ質問にも
たくさん答えてもらっちゃいましたよ。

原作のファンの人には、とっても嬉しい
初めての方にも、とっても分かりやすい

聞いている梅巻子ですらキュンキュンきちゃうくらい良い取材でした!


IMG_0570.jpg

※写真を撮られる鏡先生・・・を激写!キラキラッ

UPされましたらご報告いたしますので
超楽しみにしていてくださいね♪

さて、みなさんお待ちかねのオリジナル会報「月刊伝勇伝」が
明日4月24日(土)より全国のアニメイト様で配布開始いたします!!

先日見本が届いて社内で大騒ぎ!
あー、もっと作っておけばよかった・・・(涙)

本当に数に限りがございまして・・・なくなり次第終了とさせていただきます。
すみません・・・。

なので、マジでアニメイトさんに行ってください!

商品をお買い上げの皆様のお買い物袋に1枚封入されております。
一部フロアによっては封入されていない店舗もございますので
各店舗にお問い合わせくださいね♪

謎の応募券はぜひ持っておいてくださいね。フフ

100401_1639~01.jpg

 

100401_1640~01.jpg

こちらはアニメイトさんでの打ち合わせあとの喫茶店。
スーツの大人がみんなでパフェを食べました。
子供の心を持った大人が伝勇伝を支えているのです。

わくわくしますね♪

流出!!

こんにちは!

ZEXCS制作担当のたっくんです。

先ほど社内で仕事中に謎の絵を発見しました!

raina.jpg

これは......ライナ!!...か??

はたしてこの絵は何なのか?
いつ公開されるものなのか?
情報公開を乞うご期待下さい。

 

あれ...もしかしてこの絵はまだ見せたらまずかったのか??

鏡貴也二回目の登場です!

前回の現場ブログで、現場っぽいことを頑張ったのですが、今回はその続きでーす。

シリーズ構成の吉村さんの名言についてです。(吉村さんの吉の字は、ほんとはこの字じゃないんだけど、変換できませんでした。すみません)

その、吉村さんはもう、とにかく熱い方で、僕よりも原作詳しいんじゃないかと読みこんでくれていて、脚本も素晴らしいのですが。
その吉村さんがアニメうちいりをかねた忘年会の席でこんなことを言ってるのを聞いてしまいました。

「私たちにとってはアニメは年間に何本もあるかもしれないけど、その作品の作者さんにとって、読者の方にとっては、一生に一回しかないかもしれないお祭りなんだ! だから何本もあるなんて気持ちで作品に接したくない! 大切にしたい! 絶対手を抜けない! そういう気持ちでコトにあたっていきたい! 伝勇伝大好き!」

なんてことを言っていて。

なんていい人なんだ!

おまけにウーロン茶片手にそう叫んでいました。

しらふですよしらふ!

あたりまえの話ですが、こんなことを言われたら、原作サイドは感動で涙ぐむしかないです。
ちなみにプロデューサーに聞いたのですが、シリーズ構成さんをオーディションして、一番伝勇伝に熱かった方にお願いしたんだそうです。
大伝勇伝7のあとがきにも吉村さんは登場しているのですが、そのあとがきを見せたときの僕との会話。

吉村さん「私の発言、全部の語尾に!マークがついてましたね」
僕「す、すみません」
吉村さん「いえ、事実なので大丈夫です」

事実なんです!(笑)

さらに富士見書房の新春感謝会で、僕が檀上で大勢の前でスピーチして、
「紆余曲折ありましたが、みなさんのおかげでついにアニメになります! ほいでもって、今年はやるぞー、オー!」
 と、みんなで叫んだのですが、そしたら吉村さんがきて、
「感動しました! やっぱりここまでくるのに、たくさんの思い入れがあったんですね! 頑張ります! やります!」
と、言ってくれました。
優しいなぁ。
さらに監督もワイン片手にわざわざきてくれて、乾盃しました。
ゼクシズのみなさんとも集まって、一緒になってオーといいました。


というわけで、次回はその、監督についての話!
そしてその次はゼクシズについて書いていこかなー、と思います。

いやーでも、ちゃんと書いていけるかなー。
〆切がこない世界にいきたいなー。